エスコートランナー

家ねっとHOME > 家ねっとBlog > エスコートランナー > クリスマス三連休に思うこと

クリスマス三連休に思うこと

家ねっと代表でエスコートランナー役の中野です。

社内が、
なんとなく明るくて、

いつになく
社員の笑い声が多く、

はて?
と、思ったら、

明日から三連休の、
クリスマスではないですか。

まあ!素敵!

だけど、
うーん、今ひとつな私です。

というか、
普通の三連休です。

別に
夫婦仲が悪いわけではないのですよ。

なので、
一日はお買い物と外食をしようと思っています。

でも、
正直言って、

3人の娘がいた頃は、
それはそれは、

楽しかったのです。

私は子供の頃、
家に大きなツリーを飾るのが夢でした。

そして、
ツリーの下に、

家族のプレゼントを置くのです。
多分、

子供の頃見た、
アメリカのホームドラマの影響ですね。

ものすごく
憧れました。

実家でも、
クリスマスはたいそう華やかに行なっていたのですよ。

大家族だったから
みんなでプレゼント交換をしたりして、

ご馳走もいっぱい。
時には、レストランでクリスマス!

だったり、
その頃は珍しかったコロンバンの

二段ケーキを
買ってもらったこともありました。

でもなぜか、
ツリーはありませんでした。

多分、官舎で狭かったからですね。
その悲しそうな私の顔を見て、

祖母が小さなツリーを買ってくれたのは、
私が中学生になった頃でした。

私が結婚して娘が3人生まれ、
しばらくは、

私の実家で
クリスマスパーティーをしていましたが、

マンションを買い替え、
居間が大きくなると、

パーティーは我が家に移りました。
私がどうしても、

大きなツリーを飾りたかったからです。
娘たちは、

思春期の友達との付き合いがあっても、
クリスマスだけは我が家で団欒を

楽しんでくれました。
それが、

一人ずつ、
本州の大学に行き、

向こうで就職したり
結婚したり、

気がつくと、
夫婦二人のクリスマスになりました。

あら、夫婦で食事もいいじゃない!
と、友人は言いますが、

デイトは普段でもしていますから。
それに、

イブの大騒ぎの後、
クリスマスの朝に、

サンタさんからのプレゼントを
歓喜の声を上げながら開く娘たちの姿は、

親冥利につき、
本当に幸せな時間でした。

あ、なんだか、
寂しい感じになりましたね。

はい!寂しいです。
というか、

少なくとも、
今日はデイト?!の若者や

家族で楽しいクリスマス三連休!
の社員よりは

寂しいと思います。

さてさて、
とは言え、

楽しい時間を作るのも自分次第。

新しい年に向けて、
ジャンプができるように、

準備万全!の
三連休にしようかなと思案中です。

皆さんはどんなクリスマス三連休ですか?
エスコートランナーの中野でした。

家ねっとHP
:http://www.uchi-net.org/

いいねと思ったら、クリックをお願いします。↓↓
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 その他ハウスメーカーへ
pagetop